FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




韓国の製造業がひどいことになってるそうです

2009/04/26 15:29 KST
経済の根幹・製造業、Q1成長率が過去最低に


【ソウル26日聯合ニュース】

 韓国経済の根幹を成す製造業が揺らいでいる。

 世界景気の低迷で輸出が急減した上、内需の不振が重なり、製造業生産が過去最悪の水準に落ち込んだ。
 製造業は他産業との関連効果が相対的に大きく、雇用にも少なくない比重を占めており、経済全般に大きく影響する。

 韓国銀行が26日に明らかにしたところによると、第1四半期の製造業成長率はマイナス13.5%で、昨年第4四半期(マイナス9.1%)より悪化した。関連統計の作成が始まった1970年以降、最も低い水準を記録した。

 第1四半期の経済成長率がマイナス4.3%と、10年来の低水準を示したのは、製造業生産の急減による影響が最も大きい。
 建設業生産は政府の財政支出効果で0.6%増え、農林漁業も1.2%増加、サービス業は0,5%の小幅減少だった。

 製造業生産急減は、企業が製品の生産より在庫処理に追われたという意味でもある。第1四半期の経済活動別成長寄与度を見ると、純輸出は4.3%、政府消費は1.1%だった一方、民間消費と設備投資の寄与度はマイナス2.5%とマイナス2.1%と
なっている。
 在庫増減項目はマイナス5.3%で、最も大きな減少幅を記録した。
 企業は在庫処理の前に減産も実施しており、成長をとどめる要因となる。

 韓国銀行が先週発表した2007年の産業関連資料によると、韓国の全産出額に
製造業が占める割合は46.5%と、半分に迫る。
サービス業が40.4%、
建設業が9.3%、
農林漁業が1.8%と続く。

割合だけではなく他産業に与える波及力も製造業が最大だ。後方効果を示す影響力係数は、
製造業が1.068で、
サービス業(0.887)、
鉱業(0.879)、
電力・ガス・水道業(0.76)、
建設業(1.059)
より大きい。

前方効果を示す観応度係数も
製造業は1.035で、
サービス業(1.031)や
建設業(0.605)、
鉱業(0.585)
を上回る。

韓銀関係者によると、他産業と相互に影響する前方・後方波及効果がいずれも基準値の1を超えるのは製造業が唯一だ。

 製造業の鈍化は、雇用市場にも直接的なショックとなる。製造業の3月の新規就業者数は前年同月より18万6000人減少した。
 卸小売・飲食宿泊業(マイナス13万6000人)、運輸・通信・金融業(マイナス8万1000人)、
建設業(マイナス7万1000人)などに比べ、減少幅が大きい。

 製造業就業者数は、昨年4月の400万1000人から、6月は399万3000人、9月は392万8000人、12月は388万8000人、ことし3月は381万3000人と、減少を続けている。
 現代経済研究院は、製造業の収縮は雇用不安につながり、サービス業など内需全般に影響すると指摘、在庫調整がすべて終わらなければ、製造業の盛り返しは見込めないと話した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2009/04/26/0500000000AJP20090426001400882.HTML




まぁ、なんだ。
海上輸送ボイコットが始まったら、製造する必要もなくなるから、気にしなくてよくなるよ、うん。

スポンサーサイト



[ 2009/04/26 20:00 ] 韓国経済 | TB(0) | CM(0)