FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




韓国は間もなくHebei Twoを解放するであろう


South Korea to free Hebei Two soon
韓国は間もなくHebei Twoを解放するであろう

Marcus Hand, Singapore - 2009年5月27日水曜日

 韓国当局のせいで長引いているHebei Twoの拘禁は、2週間以内に終わる見込みのようである。

 韓国の外交官が本日語ったところによると、Jasprit Chawla氏とSyam Chetan氏のソウルに於ける1年半以上に亘る拘留が
終わり、インドへの帰途につく許可が出ると予想されている。

 現在、Hebei Spiritの船舶管理会社であるV.Shipsは、Chawla船長とChetan氏が6月11日までに韓国からの出国が許可され
ると確信している。

 V.Shipsアジア船舶管理部門のSatnam Kumar常務によると、大法院判決を受けての下級審での審理が、5月26日に行われ
たとされる。

 告訴取り下げを確認するため、事案は6月11日に下級審によって再審理される予定である。

 「我々はその頃までに、彼らがインドに帰国する事が出来ると確信している」と、V.Ships社長Giorgi氏は語った。

 超大型タンカー『Hebei Spirit』が、2007年12月にクレーンバージに穴を開けられ石油を流出させられて以来、二人は韓国か
らの出国を禁じられ続けてきた。

 韓国の大法院は、船長と一等航海士に対する告訴を先月棄却したが、下級裁判所での棄却判決を待たせるために、二人は
韓国に留め置かれた。

 Hebei Twoの解放を広く後援していた陳情団は、下級審が全ての告訴に対し棄却判決を下すまでに最高6ヶ月の時間が必要
とされると予想しており、その点についての不安を表明していた。しかし、ロンドンで本日開催された国際海事機関の海事安全委
員会に出席した韓国代表は、船乗り達の運命が好転している事を示している。

 また、委員会に出席したインドの代表は事態の進展を歓迎した。

 IMOのEfthimios Mitropoulos事務総長の声明を受けてインドの代表派遣団は会議を開き、二人のインド国民に韓国の司法機関
によって為された『重大な不正』についての疑念を表明した。

 韓国の代表派遣団はその後、6月11日の判決の後にChawla船長とChetan氏に帰国許可が下りるものと予想していると、各国の
IMO代表に通知するために会議を用いている。

 V.Ships社長であるGiorgi氏によると、韓国が再びHebei Twoの投獄のような事件を引き起こす事は許されず、再び似たような事
件を起こさないように、自国の法を改正するのではないかと現在予想している。

「韓国政府がもう一つのHebei Spirit事件を引き起こす事は許されないと、私は考えている。これは韓国政府にとって不名誉な事で
あり、彼らは絶対に変わらざるを得ないだろう」と彼は述べた。

 業界中の一般人からの圧力が、韓国政府の判断を覆す事を確実な物とするために作用したと彼は述べている。韓国当局者によ
るChawla船長とChetan氏に対する保釈決定が、ロンドン大使館前での抗議集会の直前に為された事実をGiorgi氏は指摘した。
 Hebei Two事件のような、更なる不公正な有罪判決事案と戦うため、業界は共に集合的な圧力を活用しなければならないと彼は
語っている。

 「どこかの国で再び同じ事が起ころうとも、全ての海運業界が団結するのであれば、我々は特定の価値観を変えるための強い
メッセージを持つ事が出来るであろう」と彼は述べた。



http://lloydslist.com/ll/news/south-korea-to-free-hebei-two-soon/20017655861.htm
スポンサーサイト



[ 2009/05/28 20:54 ] Hebei Spirit号事件 | TB(0) | CM(0)

韓国はさっさと2人の身柄を解放しろ!

V.Ships says Hebei Two could leave Korea by June 11
V.Ships、6月11日までにHebei Twoが出国できる可能性を指摘
Marcus Hand, Singapore - 2009年5月27日水曜日

Hebei Two large


 V.ShipsのRoberto Giorgi社長は、Hebei Twoの投獄のような事件を韓国が再び起こす事は許されないと語り、司法が彼らに対する出国許可を6月11日に出す事を期待している。

 Hebei SpiritのJasprit Chawla船長とSyam Chetan一等航海士は、2007年12月に発生した韓国史上最悪の石油流出の容疑を、4月の韓国大法院判決によって晴らされた。しかし、二人の船員を投獄した、初期の判決を確認するための下級審審理が始まるまでは、彼らは韓国に留まり続けなければならない。

 審理が始まるまで、二人の船乗りのインドへの一時帰国許可を出すべきだという、海運業界による韓国政府への訴えかけは無視されている。 

 Hebei Spiritの管理会社であるV.Shipsは現在、6月11日までにChawla船長とChetan氏への出国許可が下りる事を確信している。

 V.Shipアジア船舶管理部門のSatnam Kumar常務によると、大法院判決を受けての下級審での審理が、5月26日に行われたとされる。

 告訴取り下げを確認するため、事案は6月11日に下級審によって再審理される予定である。

 「我々はその頃までに、彼らがインドに帰国する事が出来ると確信している」と、V.Ships社長Giorgi氏は語った。

 Giorgi氏の会社は、二人の船乗りの犯罪者扱いに対する活動を世界中で行ってきた。彼は、韓国が再び似たような事件を起こさないように、自国の法をおそらく改正するのではないかと語っている。

 「韓国政府が再びHebei Twoのような事件を引き起こす事は許されないと、私は考えている。これは韓国政府にとって不名誉な事であり、彼らは絶対に変わらざるを得ないだろう」と彼は語る。

 業界中の一般人からの圧力が、韓国政府の判断を覆す事を確実な物とするために作用したと彼は述べている。韓国当局者によるChawla船長とChetan氏に対する保釈決定が、ロンドン大使館前での抗議集会の直前に為された事実をGiorgi氏は指摘した。

 Hebei Two事件のような、更なる不公正な有罪判決事案と戦うため、業界は共に集合的な圧力を活用しなければならないと彼は語っている。

 「どこかの国で再び同じ事が起ころうとも、全ての海運業界が団結するのであれば、我々は特定の価値観を変えるための強いメッセージを持つ事が出来るであろう」と彼は述べた。

 事故に起因する石油汚染によって、Chawla船長とChetan氏が罰金を科せられる可能性が未だにある事に、V.Shipsは不満を抱いている。

 Satnam船長はこれについて、事件の『事実を反映していない』と語る。

 石油汚染によって罰金を科せられるのであれば、Chawla船長とChetan氏は前科者になってビザの申請が困難になる可能性がある。その結果、彼らが会社を去る事になる事が懸念されている。

http://www.lloydslist.com/ll/news/vships-says-hebei-two-could-leave-korea-y-june-11/20017655861.htm




韓国はさっさと二人の身柄を解放しろ。
南北戦争に巻き込むんじゃない!

てーか、お二人が滞在してるホテル、ソウルにあるはずだからなぁ……
戦争になったら確実に砲撃の的の一つになるだろうし……

Free Hebei Two!


なお、上記翻訳は借りてきた猫車さんがしてくださいました。ありがとうございますーw



[ 2009/05/28 07:49 ] Hebei Spirit号事件 | TB(0) | CM(0)