FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




UIゼンセンが外国人参政権付与に反対表明へ 17日の反対集会で副会長が出席

UIゼンセンが外国人参政権付与に反対表明へ 17日の反対集会で副会長が出席 政府・民主の強引な動きを牽制
2010.4.14 01:50

 民主党の支持母体である連合(約680万人)傘下最大の産業別労組「UIゼンセン同盟」(落合清四会長)の石田一夫副会長が17日に東京・日本武道館で開かれる外国人への地方参政権付与に反対する国民大会に出席し、組織として付与反対を公式表明することが13日、分かった。
 今後も民主党を支持していく方針には変わりないというが、民主党内に組織内候補を多数抱える巨大労組が旗幟(きし)鮮明にすることは、党内外の反対・慎重論をよそに参政権付与になお執心する政府・民主党執行部を牽制する狙いがある。

 連合は参政権付与に賛成の立場をとり、最新政策方針を定めた「2010~2011年度政策・制度要求と提言」でも永住外国人に地方参政権付与するための法制定を求めた。
 UIゼンセン同盟はこうした連合の姿勢に疑義を呈し、平成18年にまとめた「中央執行委員会見解」でも「参政権は国民のみが持つ政治に参加する権利であることを確認すべきだ」と指摘したが、対外的に
反対表明したことはなかった。

 あえて国民大会という場で反対表明に踏み切るのは、民主党で小沢一郎幹事長が参政権付与に強い意欲を示している上、鳩山由紀夫首相や岡田克也外相らも賛成を表明しており、政府・民主党が参院選後に強引に法案成立に動く可能性があると判断したためだ。
 この時期に反対を打ち出せば、参院選マニフェストへの記載を阻止し、参院選での争点化も防ぐことができると踏んだようだ。

 ゼンセン同盟の組織内議員としては、内閣に川端達夫文部科学相、民主党執行部に伴野豊、山根隆治両副幹事長や平田健二参院国対委員長らがいる。
 国民大会は初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏、ジャーナリストの櫻井よしこ氏らが呼びかけ人となり、1万人規模の集会が予定されている。
     ◇
■UIゼンセン同盟 
 繊維や化学業界、スーパーなどの約2430の単組でつくり、組合員総数は約107万人。
 連合(約680万人)傘下最大の産業別労組。
 旧民社党の有力労組だった経緯から、外交・安保などの政策は、旧社会党系の自治労(約90万人)、日教組(約30万人)などと大きく異なる。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100414/stt1004140151000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100414/stt1004140151000-n2.htm


 民主党支持母体の連合内部での、外国人地方参政権に対する反対運動が起こりました。
 この動きの顛末は、民主党内に対して大きな影響をこの問題に与える一石となりうると思います

 また、この行動は外国人地方参政権問題にのみ関わらず、”連合”という組織そのものに大きな影響を与えることは必須でしょう。
 ただでさえ、連合は去年、北朝鮮が民主党陥落させるために総連に指示して接触をもつように指示されていたという事柄や、内部にいる自治労、日教組などの影響で白眼視されるべき団体として強い印象があります。
 私見ですが、この動きには連合内での発言権、影響力についての内部抗争的な意味も入ってるのではないでしょうか。
 これからどんな情報がくるか楽しみです。

スポンサーサイト



[ 2010/04/14 08:35 ] 参政権問題 | TB(0) | CM(0)

鳩山内閣の言う「普天間基地問題に5月末までに決着をつける!」の意味合いについて気になる話がでてきた

民主党や鳩山内閣が言っている「普天間問題の5月決着」の”決着の意味”について、少し気になる話を耳にしました。


というのは、彼らが言っている”普天間基地問題の5月末までの決着”という言葉における、”決着”の意味合いというのは、「普天間基地問題、その全ての問題を解決して決着をつける、ということ」を意味するのではなく、「鳩山内閣という日本政府としての方針を決めるだけ」という意味だと言い訳しようとしてるという話です。

地元の了承を得るとか、完全解決する、だとかではない、ということで言い訳しようとしてるみたいです。

繰り返し言います。

「単に内閣での方針を決定すること = 普天間問題に決着をつけること」 として、「5月末までに決着をつけた!」と強弁するつもり、というのが、どうも鳩山氏のいう「腹案」だそうです。


さて、これはただの言葉遊びでしかないと思うのですが、皆様は一体どうおもわれるでしょうか?
私にはどう考えても、言い訳にしか聞こえないんですけどねぇ。

もし、本当に「内閣の方針決定 = 普天間問題に決着をつける」という意味でこれまであの言葉を使用してきたというのであれば、過去に新聞・TV・雑誌など、マスコミで普天間基地問題の完全解決! という意味合いで記事になっていた時に、「その説明は事実と異なる!」と会見をし、きちんと指摘する行動が必要だったはずだと思うんですけどね。

彼らは、本当に言葉に責任を持って社会に強い影響を与える政治家なのでしょうか?
疑問に思ってしまいます。
[ 2010/04/14 08:09 ] 国内政治 | TB(0) | CM(2)

テキサス親父の演説が書籍化されて販売されるそうです。


あの日本バッシングを逆バッシング仕返してくれてるテキサス親父の演説が、日本で書籍化されるそうです。



テキサス親父





テキサス親父のファンとして、出版の情報拡散に協力w
すでに予約はネット上とかで可能だそうな。

[ 2010/04/14 07:23 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)