ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




消費税増率について。 ――私見。

消費税増率について。 ――私見。


 今回の消費税増率について、マスコミやネット上においては、目的は年金資金の原資である、
ということなどを述べています。
 が、個人的にはこの意見には疑問を多く感じています。
 年金資金の原資、という点で言えば、今回の増率でなくても、景気上昇を刺激し続け、運用益を出すことで
大規模な黒字化、というか資金調達をすることは可能であったと考えられるからです。
 事実、アベノミクスと呼ばれる現象により、この半年の間に公的年金の運用益は大きな利益を出していました。




 公的年金運用益、2.2兆円 4四半期連続の黒字 2013/08/31
  http://www.asahi.com/business/update/0831/TKY201308310012.html

 厚生年金と国民年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は30日、
今年4~6月に2兆2100億円の運用益が出たと発表した。4四半期連続の黒字で、運用利回りは
1・85%だった。6月末時点の運用資産額は121兆116億円となった。

 資産別の利回りは、
  国内株式が9・70%
 ▽外国株式が6・14%
 ▽外国債券が4・01%
 ▽国内債券がマイナス1・48%だった。
 国内債券が赤字になったのは、金利が上昇して国債が値下がりしたためという。

 全体の利回りは、株価が急上昇した今年1~3月(6・86%)や昨年10~12月(4・83%)より
下がったものの、国内株式を中心に好調を維持した。




 では、運用益による年金資金の場合の問題点はなんだろうか? と、考えると、次の点が挙げられる。

 ・運用であるので損失を出すこともある。
 ・運用であるため、計画的な定期収益とならない。

とはいえ、この2点については、消費税増税による景気悪化感や停滞感といった”意識への影響”による
税収の減収や景気停滞による損失などを考えれば若干首を傾げてしまいそうになる。

 では、年金目的以外ではどのような目的が実施にあるだろうか? と考えると、巷で言われている
   ・民主党が国際公約しちゃったから
といったもの以外で思い当たるものは多数あることに気がつくことがあった。

 まず、米国の財務問題。
 この消費税増率とタイミング合わせて起きている米国の財務問題である。
 このせいにより全世界的な為替への影響、国際経済へのダメージによる新たな米国発ショックが
起きることが考えられる。折しもQ3決算時期に重なりますしおすし。
 そして、このことによりやってくる世界経済不安定化への国家財政としての耐久力作り、加えて
政府の国債問題へ税率増による信用維持、が狙いではないかという点が考えられる。

 次に、今後の大規模国家規模公共事業についての予算作り。
 これは国家としての五輪関連の公共事業予算の他に、耐久年数超えが全国的に発生している・
しかけている橋梁・トンネル・道路の整備・改築のための予算としての用意としての必要性が
あることが考えられるためである。

 さらに、ここで意識しておかなくてはならないことがある。
 それは、『消費税●%』と言った時、その●%とは全てが「政府に入る税収」では”無い”という点です。
 消費税とは国税オンリーなのではなく、『国税+都道府県&市町村の税の和』である、
というシステムであることを理解しておく必要があるのです。

 そして、このことを踏まえて考えると、消費税増税というのは、都道府県や市町村の財政に
とっても税収増を促すことにつながりますので、地方としての道路整備や今後の五輪に向けた
地方施策の重要な資金源となることも狙いに込められている、
ということが読み取れるかと思います。

 また、これら以外に増税した要因として考えられるものに、上記の都道府県・市町村の財政対策
ということが考えられます。

 一時期、夕張市の件で話題になったものの、今は話題としてはピーク超えしたからでしょうか、
忘れている方が多いような気もしますが、大阪府などを始め、都道府県の中にはけっこう、
財務状態的に実質赤字経営、財政再建団体転落まであと一歩、な状況に追い詰められている
ところは多数あります。
 そういった都市にとってみれば、今回の消費税増税による、システム的な自己の収益増というのは
とてもありがたいことでしょうし、これによる税収増に胸を撫で下ろしている知事や市長などは多いのでは
ないでしょうか?

 こういったことから、今回の消費税の増率についてですが、その目的は単純に年金資金目的だ、
とは思いづらいところがあります。
 もちろん、根本的なものは民主党政権による国際公約をしやがったことのせい、ってのが
一番大きな理由だとは思いますが、目的は多々あるんだろうなぁ、と。

 あとは財務省ですかね。帳簿上の財政健全化にこだわる派が「消費税増税するするするする」と
騒ぎ続け、マスコミを煽りまくり、マスコミ(の中の一部)も、
安倍首相=自民党=増税だ!大企業重視で庶民イジメ政権だ!
と騒ぎたいがために連日、安倍首相はするする!って煽り続けたことも、結局、このタイミングで
しなければもう増税タイミング失うという危険性を作ったから、っていうのも原因なのかなぁ、
とは思いますが。

――まぁ、駄文ではありますが、今回の増税について、私見など。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/02 23:03 ] new | TB(0) | CM(1)

少し気が早い気もしますが直接的な福祉目的以外で消費税の増税分が使われたとメディアが記事をかける段階になったら一斉に大騒ぎするでしょうか
あとおっしゃる様に国際公約的な話や諸外国から見られた時の国家の財政に対する信用という面からも首相は今回の増税を判断したのかもしれませんね
[ 2013/10/03 00:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolfeskirche.blog49.fc2.com/tb.php/1528-b81710b9