FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




韓国、寝言を言うな

■日王が歓迎を受けて訪韓しようとするなら

李明博大統領が、再び日王の訪韓に対して肯定的な立場を表明した。
聯合ニュースと日本の共同通信との共同インタビューの席でのことだ。

李大統領は就任直後の昨年4月に日本を訪問した際も、マスコミのインタビューに対して「(日王の)訪韓に何らかの制限があるとは思わない」という立場を明らかにしたのに続き、明仁日王に会った席で訪韓を公式招請した。

李大統領は、共同通信側がその事実を挙げて日王訪韓の可能性を質問したのに対して、
「日本天皇は世界各地を訪問したが、韓国は訪問できなかった。訪韓が来年中にもなされれば両国間に大きな意義があるのではないかと思う」
と述べた。

韓日両国が未来指向的なパートナー関係を維持して首脳間の「シャトル外交」をしようという中、日王の訪韓がいまだ実現できないでいるのはどうあっても正常とは言い難い。
そうした点から、日王の訪韓問題に開かれた心を持って対応する李大統領の認識は正しいと見られる。
特に来年は、韓日強制併合100年に当たる年だ。
今や両国が暗かった過去の歴史を清算して、膨らみがちな対立関係に終止符を打つべき時だ。
それでこそ未来指向的パートナー関係を一層発展させてゆくことができ、真の協力者として手を取り合うことができる。教科書歪曲、慰安婦問題責任回避、靖国神社参拝など韓日両国間に絶えず対立を惹起させる過去の問題に対して日本側が理性を持って考えるならば、韓日関係発展のためにどんな態度を取るべきか自ずから答は出てくるだろう。

「過去に問題が全く無くはないが、韓日関係が過去にばかり縛られてはならない」という李大統領の話は、歴代大統領らの認識と脈を同じにする。金大中・元大統領も1998年に日本を国賓として訪問した際、こうした脈絡で2002年の韓日共催ワールドカップ開幕式に日王が参加することを正式に要請していた。しかしワールドカップが開催される頃には歴史教科書問題などで韓日関係が悪化しており、日王訪韓は実現できなかった。結局、日王の訪韓が実現できないのは日本側の事情のせいであったわけだ。

今でも日本のマスコミの関心は、日王が訪韓する際に韓国の世論が果たしてどんな反応を見せるのかに集中しているという印象がある。
事実、日王が韓国を訪問して歓迎を受けようとするならば、先に日本がすべきことがある。
いまだ過去の問題が完全に解決されたと考えていない韓国国民に信頼できる終止符を打たねばならない。
そうでなければ、日王が韓国国民の歓迎を受けて訪韓するのは難しいであろう。

▽ソース:毎日経済(聯合ニュース配信記事)(韓国語)(2009.09.15 17:25)
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000021&year=2009&no=484905&sID=300
http://s04.megalodon.jp/2009-0916-0534-50/news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000021&year=2009&no=484905&sID=300




王の上位階級である皇、つまり天皇陛下を日王と呼ぶのは韓国側がわかっててよくやっている”侮辱行為”の一つです。
(※ 複数の王に認められ、それらの王の盟主として選ばれた者と
    それを受け継いだ者が”皇”と名乗れます。
   もしくは別の皇に皇だと認められた者が皇を名乗れます。
   すなわち、皇の一字を使える者は王より上位というのが少なくとも東アジア圏では
   古代より常識でした。
 ※ 念のため辞書で皇帝を引くと……

 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/64740/m0u/皇帝/
こうてい くわう― 0 【皇帝】

 (1)諸王に超越する王の称号。中国では、秦の始皇帝およびそれ以降の歴代王朝の統一君主。
   西洋では、古代ローマ帝国の統治者およびその名称と権威を継承する諸君主の称号。
  (2)君主国で君主の称号。


それを前面に使用した上で、なにこの”~すべきである”・”~ねばならない”っていう上から目線の物言い。

だいたいさぁ、訪韓うんぬんほざくが、まずテメェらのとこ、北朝鮮と陸続きで戦争継続中だろうが、ボケ。

紛争地帯に来いだと?
伊藤博文を殺したテロリストを英雄として祀り上げてる国にだと?

阿呆ゥが。

だいたい、教科書問題や慰安婦問題、靖国問題と言って来てるが、全部オマエラの言いがかりだろうが。

滅べばいいのに、あんな国

関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/09/16 07:05 ] 気になるニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolfeskirche.blog49.fc2.com/tb.php/156-9f4e3804