FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




クウェート政府系ファンド、米シティ株をすべて売却

クウェート政府系ファンド、米シティ株売却益900億円
 【ドバイ=松尾博文】
クウェートの政府系ファンドであるクウェート投資庁(KIA)は6日、保有する米シティグループ株式をすべて売却し、11億ドル(約900億円)の売却益を確保したと発表した。シティへの出資をめぐってはクウェート議会がKIAの投資判断を批判していた。欧米株式市場の回復を受けて利益確保のために売却したとみられる。

 KIAは2008年、信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)の損失拡大に直面していたシティに30億ドルを出資して資本増強に応じた。6日の声明によると、KIAはこの際に取得した優先株を普通株に転換した上で41億ドルで売却した。

 KIAはシティのほか、米証券大手のメリルリンチにも20億ドルを出資。その後の金融危機の深刻化でこれらの株価が低迷、クウェート国民議会は国内株式市場のてこ入れや企業救済に資金を優先するようKIAに要求していた。投資のポートフォリオに占める海外株式の比率引き下げを約束していたKIAは米株式市場の回復を見てシティ株売却に踏み切ったとみられる。

(23:07)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091206AT2M0600E06122009.html

緊急の資金調達とみるか、それともドルとの距離置きとみるか・・・・・・

まぁ、一つ言えそうなのは、シティ涙目ってことだけどさ


関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/12/06 23:47 ] 世界経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolfeskirche.blog49.fc2.com/tb.php/178-1a02e0ff