FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




鳩山内閣に不信感をもつ米国

「きちんと責任取れるのか」=米大統領、首相に疑問呈す-普天間移設
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041500370

 【ワシントン時事】
 ワシントンで12日に行われた鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領の非公式会談の際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の5月末までの決着を表明した首相に対し、大統領が「きちんと責任を取れるのか」と強い疑問を呈していたことが分かった。日米両政府の複数の関係者が14日明らかにした。
 それによると、首相は会談の冒頭、大統領に「日米同盟が大事だという考え方の中で移設問題を努力している。5月末までにきちんとやる」と解決を約束。大統領が疑問を投げ掛けたところ、首相は改めて5月末決着の意向を表明した。
 オバマ大統領の発言について、関係者は「鳩山首相に対する不信感の表れだ」と指摘した。 
 首相は昨年11月の大統領訪日時の首脳会談の際、普天間問題の決着に関して「トラスト・ミー(私を信じて)」と発言。政府関係者によると、大統領はこれに「あなたを完全に信じる」と応じた。しかし、米政府の期待した年内決着は見送られ、大統領サイドに首相への強い不信感が生まれたという。
 日本側はキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行計画を見直し、鹿児島県徳之島へのヘリコプター部隊の一部移転と、シュワブ陸上部(名護市など)にヘリ離着陸帯を建設する案を組み合わせることを検討している。
 しかし、米側は海兵隊の運用に支障が出ることや、地元の合意を取り付ける見通しが立っていないことを理由に反対している。(2010/04/15-12:56)


 同盟国のはずの他国の大統領からここまで言われるだなんて、いったいどれほど信用を喪失してることかよく感じる話ですね。
 おそらく、鳩山首相側としては、そんな話はなかったとか、打ち消し騒動に勃発しそうな気がしますが、仮にこの記事がデマであったとしても、「そういう話がまかりとおる」ほどにアメリカ側からの信頼を喪失しているということの証明です。この記事が意味しているものは。
 もっとも、普天間基地問題に関しての二転三転どころか、舌の根も乾かぬうちに、言ったことと逆の発言をしだしたり、相手側幹部の発言を捏造しようとしたりしているのですから、信頼を喪失するのは当たり前です。
 さらに、パートナーであるアメリカよりも、現在の世界構造においてアメリカの敵国関係位置にある中国への接近をしたりしているのが民主党なのですから、アメリカ側が民主党内閣に対し、嫌悪感や不信感を抱いたとしてもなんら不思議ではありません。
 前政権の時はアメリカの民主党・共産党の両党とも、日米関係は蜜月の関係にある、とまで言われたほどの信頼関係があったというのに……
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/04/16 06:10 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolfeskirche.blog49.fc2.com/tb.php/222-90bd1b00