FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




民主党はどこまで増長中なんだろうか?

民主県連代表が激高 嫌なら「支援しなくて結構」

タウンミーティングで住民と意見交換を交わす一川代表
 民主党国会議員が、有権者と意見交換するタウンミーティングが24日、小松市林町のこまつドームで開かれた。
 同党県連代表の一川保夫参院議員と田中美絵子衆院議員の2人がホストを務めたが、約200人の出席者からは、迷走する同党の政権運営や政策への批判が相次いで寄せられ、一川代表が「支援してもらわなくても良い」と声を荒らげる一幕もあった。

 冒頭、一川代表は「マニフェスト(政権公約)は基幹はいいが、細部を見直すべきという声もあり、皆さんの意見を伺いたい」と述べ、有権者に意見を求めた。
 これに対し、加賀市内の男性は、「子ども手当にはビジョンがない。選挙目当てで将来の子どもにつけをまわすだけだ」と批判した。

 寝たきりの次男(17)を自宅で介護する加賀市の三ツ出小百合さんは、「子ども手当が出来ることで配偶者控除がなくなり、生活が大変になる」と制度への不安を語り、「働きたいけど、(介護で)働けない人の支援も考えてほしい」と涙ながらに訴えた。

 高速道路の料金改定を巡っては、「決めたことを変えるということを繰り返していたら国民は離れる」との不満も漏れた。

 子ども手当を痛烈に批判された一川代表は、

「子ども手当には子どもを育てる負担を和らげるという理念がある。
 (そう言うのなら)民主党を支援してもらわなくても良い

と声を荒らげ、一時、会場の空気が凍り付く場面も。
 だが、最後は冷静さを取り戻し、
「自民党は、自分中心の人物ばかりで国民のことを考えていない。民主党が責任を持って皆さんの期待に応えたい」と有権者に理解を求めた。

(2010年4月25日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20100424-OYT8T01015.htm


 自分から「言いたいことがあったら言ってください」ってコメント求めておいて、なに逆ギレしてんだ、こいつ。
 というか、政治家が支援者に「支援しなくて結構!」とか言っちゃいけない禁句だろうに。
 驕る民主党 久しからず。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/04/25 13:36 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolfeskirche.blog49.fc2.com/tb.php/230-36218c24