FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




海運業界はHebeiSpirit号事件の裁判結果を粉砕へ

INDUSTRY DEMOLISHES HEBEI SPIRIT CASE
海運業界はHebeiSpirit号事件の裁判結果を粉砕へ

By David Hughes
Published: Wed, 27 January 2010

主要海運業界団体からなる代表団が、先週IMOに提出した技術論文は、超大型原油タンカー・Hebei Spritの船長と
その部下に対し、韓国大法院が下した有罪判決について、根本的な部分から全面的に反論している。
論文は、停泊していた船が衝突された後、衝突された船の乗組員について
「両者は船乗り達によって認められた適切な手段に従い行動した。
 しかし、当局はプロとしての適切な行動を理由として、二人に対し刑罰を課したままにしている」
と主張しています。

論文はBIMCO、ICS、IFSMA、IGP&I、Intercargo、Intermanager、Intertanko、ISF、IT、IUMI、およびSIGTTOにより
共同で提出されており、5月の海運環境保護委員会(MEPC60)の会議で検討されます。

韓国の当局による船員たちの行動に対する判定は、3つの要点に基づいている。
船員は他の何かをする前に調査を行った、
船員は、次に、貨物タンクに不活性ガスを注入した、
そして、最終的に船員は無傷のタンクに油を移すのに全出力で貨物ポンプを使用していない。
ひいては、油の流出を最小限となるように船を傾かせてもいない。

事実上、船員たちへの韓国のあら探しは、彼らが流出量を減らす時間を浪費したというものである。
海運業界の論文は、船員たちはIMOのガイドラインに含まれているものに従い、最良の手腕に従事したのだとして、徹底的に
これらの要点のそれぞれについて論証しています。 
積荷を移して傾きを達成する問題に関して、論文では船員たちはすでにほとんど満タンであったタンクの中に積荷を
移さなければならなかった
--処置は、もし空の貨物タンクで輸送貨物を受け入れていたなら、遥かに長くかかっていただろう--
と述べている。

「従って、」論文は、「タンカー操作になじみのない人にとって、不必要に遅い対応としてこれは誤って理解されたのだ」と
述べている。

業界団体は「この論文と解説に記された講評を、適切な形で議事録に記載するよう」、MPEC60(海運環境保護委員会)に要求しています。

http://www.mgn.com/news/dailystorydetails.cfm?storyid=10639
原文:英語
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/01/28 10:32 ] Hebei Spirit号事件 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolfeskirche.blog49.fc2.com/tb.php/238-294dfcd6