FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




楽しいなぁ、ほんとうに(その2)

2010年 10月29日

生活保護めぐる裁判・中国人女性が控訴 [10:36]

生活保護の申請を大分市から却下された在日中国人の女性が、市を相手に却下処分の取り消しなどを求めている裁判で、女性は請求が退けられた大分地裁の一審判決を不服として控訴しました。
訴状によりますと大分市の在日中国人の女性は生活保護の受給を市に申請しましたが、「自分名義の口座に預金がある」として請求を却下されました。
女性は、市を相手に却下処分の取り消しや保護の開始決定などを求めています。

10月18日、一審の大分地裁は「外国人に対する保障はその人が属する国家が責任を負うべきで、生活保護法の対象は日本国籍を有するものに限る」などとして女性の請求を退けました。
この一審判決を不服として女性は28日福岡高裁に控訴しました。
女性の弁護人は「外国人に対する生活保護の適用を強く求めたい」としています。

http://www.e-obs.com/obs-news/genko/DD10290014854.html



たのしいなぁ、本当に。
くすくすくすくすくす――どうぞどうぞ、と言ってやりたい。

どうかこのまま、最高裁まで進んでいって、きちんと最高裁判例作ってほしいなぁ。

というかね……弁護士雇う金があって、生活保護受けてなくても裁判やりながら生活できる資金有って、それで生活保護受給できないのは不公平アル!とか言ってんなと。

そもそも、中国国籍なんだから、保護は国籍国である中国に求めろと。
まぁそういう正論が理解できないようなのだから、こういう裁判するんだろうけどねー。

楽しいわぁ。ぜひともこのまま最高裁まで控訴がんばってやってほしいものです。
あはははははははw
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/10/30 01:10 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolfeskirche.blog49.fc2.com/tb.php/422-0bafdb1f