FC2ブログ









ブログランキングに登録してみました。
もし可能でしたらランキング協力よろしくお願いします☆




今月償還の資金13兆ウォン…危機説飛び交う3月が始まった

今月償還の資金13兆ウォン…危機説飛び交う3月が始まった(1)

韓国経済にとってもうひとつの分水嶺となる3月が始まった。危機説が飛び交うほど環境はそれほどよくない。
金融と実体経済の両方が冷え込んでいる中、東欧の金融不安と米シティグループの国有化など対外要件すら順調ではない。
ともすれば金融市場が揺れ動き実体経済に衝撃を与える悪循環が現れかねない。

①ウォン安vs介入自制=

危機と最初にぶつかるのは外為市場だ。最近のウォンは連日急落している。
昨年末に1ドル=1259.5ウォンだったが先月27日には1534ウォンと2カ月間で21.8%のウォン安となり
11年ぶりの最安値をつけた。為替相場が不安定になり、KOSPI指数も1063.03と1100ポイントを下回った。

政府は市場への直接介入を最大限控えている。国際金融市場不安が増幅されるだけに、
投機勢力に押されずにまずは実弾(外貨準備高)を浪費させないということだ。
代わりに韓米通貨スワップ資金と保有外貨で銀行に必要なドルを供給している。
チェンマイ・イニシアティブの増額(800億ドルから1200億ドルに)など、有事に備えた安全装置も拡充した。

②外国人の流出懸念vs外為制度改善=

外国人の保有債券のうち今月に満期を迎えるのは3兆ウォン(約1860億円)を超える。
ここに国内の銀行が返さなくてはならない外貨借入金も8兆6000億ウォンに達する。
外国人が受け取る配当金2兆ウォンも国内にとどまらずに流出する可能性がある。

今月償還の資金13兆ウォン…危機説飛び交う3月が始まった(2)

ウリィ投資証券のカン・ヒョンチョル投資戦略チーム長は、
「外国人が3月も韓国の株式市場で売り攻勢を続ければ、市場では今月だけで200億ドル以上が必要になるとみられる」
と話す。
 政府は外国人投資の魅力を高める迂回戦術で対抗している。外国人の債券投資に税金を課さないというものだ。
 在外同胞資金を誘致するため海外同胞専用ファンドも設立する。
 特に日本の銀行が資金を回収しないよう両国の政治家まで動員して合意を引き出した。
 官民合同で韓国経済説明会も続けていく。

③輸出不振vs輸出総力支援=
 実体指標も不安だ。特に輸出が問題だ。
 貿易が国内総生産(GDP)の80%を占める国で輸出がふるわなければ景気回復は難しい。
 さらに経常収支赤字は外為市場に負担を与える要因だ。経常収支は昨年64億1000万ドルの赤字を記録したのに続き、
1月も大幅な赤字を記録した。政府は総力戦だ。
 輸出保険支援規模を昨年の130兆ウォンから今年は170兆ウォンに拡大したが、追加で拡大する方針だ。
 世界中に吹き荒れる保護貿易主義は輸出に死活をかけている韓国経済には致命的だ。
 政府は4月に開かれるG20首脳会議を通じて保護貿易遮断に力を入れることにしている。

④内需減少vs30兆ウォンの補正予算=

 昨年第4四半期の1世帯当たり実質所得(マイナス2.1%)と実質消費(マイナス3%)は過去初めてともに下落を示した。
 昨年12月の鉱工業生産が18.6%急減するなど生産と投資が落ち込んだことで1月だけで10万人分以上の働き口が失われた。
 84万人の卒業生があふれ出る3月にはより深刻になる見通しだ。
 政府は内需の画期的浮揚のため超大型補正予算編成で対応することにした。
 4月には30兆ウォン前後の超大型追加補正予算を国会で通過させる計画だ。
 また12兆ウォンに達する銀行資本拡充ファンドを通じ、銀行と企業の構造調整も加速する方針だ。
 教育と医療を含むサービス業関連規制を大幅に解除することも進めていく。内需景気を回復させ、
 雇用を増やすためにサービス業を活性化するのが急務のためだ。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=112003&servcode=300§code=300
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=112004&servcode=300§code=300


上記のまとめ

・外国人の保有債券のうち今月に満期を迎えるのは3兆ウォン(約1860億円)
・国内の銀行が返さなくてはならない外貨借入金も8兆6000億ウォン
・外国人が受け取る配当金2兆ウォンも国内にとどまらずに流出
・外国人が3月も韓国の株式市場で売り攻勢を続ければ、市場では今月だけで200億ドル以上が必要
・貿易が国内総生産(GDP)の80%を占める国
・経常収支は昨年64億1000万ドルの赤字を記録したのに続き、1月も大幅な赤字を記録
・昨年第4四半期の1世帯当たり実質所得(マイナス2.1%)と実質消費(マイナス3%)
・昨年12月の鉱工業生産が18.6%急減
・1月だけで10万人分以上の働き口が失われ、84万人の卒業生があふれ出る3月にはより深刻になる
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/03/03 10:00 ] 韓国経済 | TB(0) | CM(1)

No title

+からきました
分かりやすいまとめ乙です
[ 2009/03/04 17:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wolfeskirche.blog49.fc2.com/tb.php/67-2fab8ec6